月別アーカイブ: 2014年2月

ハナゴイ ~花恋~

~~~ダイビングスタッフ募集のお知らせ~~~

 

 

 

 

mdf_blue

マリンダイビングフェア2014の中で

「次世代ガイド写真展」

というものが行われます。その中にクニヒロも作品を出すのですが、

個人的に好きな写真を出しても、宮古島らしさがないと意味がないし・・・

ガイド目線で撮った写真を出してみたい・・・・。

DSC_0255

そんなこんなで次世代ガイド写真展に出ることのなくなった個人的に好きな写真。(とか言ってこれを選んだりするかも(笑))

ハナゴイygのバックには、オレンジ色のキンギョハナダイがボケて映っています。

バックが黒とか、青とかあるけれどこの色はなかなかないでしょう?

この写真は昨年の5月ごろにとったのですが、今年もこれからの時期幼魚が大発生して

こんな写真が狙えるはずです!じっくり写真撮りに来ませんか!?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ガイド会ライブのお知らせ!

クニヒロも所属しているガイド会のイベントが行われます。

当日は僕も出席&スペシャルネタを披露しますので、ぜひ応援に来てください!

ライブ告知2014_S01.jpg

第5回ガイド会ライブの予約受付が始まりました。
今年のライブは以下のように行います。

日時: 4月5日(土)19:15開場 19:45~22:15
場所: サンシャイン60 58階 クルーズクルーズ
(地下1階の専用エレベーターを利用)
定員: 200名
会費: 8,000円
カクテルパーティー(軽食)スタイルのフリードリンク、フリーフード。
立食ですが椅子も少しご用意いたします。

【お申し込み方法】

下の7つの項目をご明記のうえ、件名を『ガイド会ライブ参加希望』としたメールを live@guide-kai.com へお送りください。
複数名でお申し込みの方はご参加者全員のお名前をお願いします。

– お名前(フルネーム、フリガナもお願いします)
– 性別
– 郵便番号
– ご住所
– 電話番号
– メールアドレス
– よく利用するガイド会メンバーのショップ名

確認ができましたら回答を返信いたしますので、指定口座へ会費のお振込をお願いいたします。お振込確認後、入場チケットとなりますハガキをお送りいたします。当日はこのハガキを忘れずに会場までお持ちください。

DSC_8362.JPG

【ガイド会参加メンバー(*予定)】

久米島 川本剛志
三保  鉄多加志
フィリピン・リロアン 五十嵐 “ガルーダ” 一規
函館  佐藤長明
川奈  八木かつのり
西表島 佐々木要
ニューカレドニア 小川理志
タイ  大村健
柏島  西村直樹
八丈島 田中幸太郎
渡嘉敷 番田武六
大瀬崎 鈴木康裕
八幡野 福田航平
古座  上田直史
葉山  佐藤輝
勝浦  中村奈苗
宮古島 國廣哲司
屋久島 高久至
みなべ 李友喜
柏島  松野和志
第5回ガイド会ライブ予告編

【プログラム(*予定)】

– 秘密のケンミン・ガイドSHOW
– 白熱!ガイド会スーパーフォトバトル
– プレゼント当選者発表

【スペシャルゲスト(*予定)】

越智隆治さん(水中写真家)
鍵井靖章さん(水中写真家)
古見きゅうさん(水中写真家)
阿部秀樹さん(水中写真家)

【協賛】

マレス
SEA&SEA
株式会社エーオーアイ・ジャパン
株式会社山本工業所アクアパッツア

タイ~アンダマン海から~エバンスアンティアス

DSC_0338

ハナゴイのインド洋バージョン

宮古島でもハナゴイがいるとついつい撮ってしまうのだが、ここアンダマン海でもこの子を見た瞬間燃えた~萌えた!
人間でもそうだと思うのだけど、きれいな子を探してしまう。
魚の多くはオスが着飾りメスを誘う。
だから
ハナゴイもとてもきれいな子はオスだったりする。

魚では男を追いかけてしまう人間の男・・・
写真の子も群れの中で一番きれいな男を狙い追いかけた。

相手が魚でよかった。

タイ~アンダマン海から~似て非なるもの

 

魚は様々な理由でほかの魚に擬態する。
理由は魚にならなきゃわからないけど・・・

魚の鰓をむしり取って生活しているギンポ系、なかでもオオゴンニジギンポは毒牙をもっている
しかしイナセギンポは牙はあるものの毒を持たない。

だから、イナセギンポは毒牙をもつオオゴンニジギンポに擬態しているのかもしれない。

DSC_0143

毒牙を持つオオゴンニジギンポのアンダマン海バージョン

 

DSC_0196

毒牙をもたないイナセギンポアンダマン海バージョン。

ここで面白いのがこの子

DSC_0194

フタスジタマガシラyg

種が全く違うのだけど擬態しているように見える。幼魚のときは毒牙をもつ魚に化けて身を守っているのか?しかしあまりにもお粗末な擬態で役立っているかどうか疑問が残る。

宮古島にいる魚と似ているのだけど微妙に色が違う魚たち。

こういう違いがたくさん見えて他の海を潜ると楽しくてたまらない。

 

今シーズン國廣はガイド会の誰かに擬態して、スーパーガイドを装い集客してみようと思う。