月別アーカイブ: 2014年8月

最高のコンディション

 

 

ちょっと浮いているような感じしない?しないか・・・天空の城ラピュタ的な・・・何も考えず、船と下の影だけをパッと見ると、まるで浮いているように

 

見えない???DSC_1280-2

 

15年くらい前ダイビングフォトグラフィーだったかな?そんな雑誌に載っていたサンゴが水面に映し出された写真。

 

この写真撮りたいな~って思っていたのですが、15年間撮ることなく・・・・だったのですがやっと撮れた~
ゲストをスタッフに任せ今日しかない!と思い職権乱用でフリーで潜って撮りまくりました(^^ゞカメラがワイドで良かった~

 

DSC_1460-3
さらに金庫番ようこにも協力してもらいました。
「とにかくその辺泳いでいて下さい。」
えー!!何それ!!??

DSC_1607なんだかんだで泳いでくれやした。ありがとうございます~。

ああ、毎日こんな海況だったらどんなにいいだろうなぁ。

色彩豊か

高水温で白化しつつあるサンゴ、その過程で最後の悲鳴なのか蛍光色になるDSC_1007-2

ワライヤドリエビのホストもこのような感じに、子供の頃良く使った蛍光ペンのオレンジ色そのもの。すでにコモンサンゴ系はこの蛍光色を抜けて完全に白化してしまっているものが多いけど、この子はこのまま水温がこれ以上上がらなければ元に戻るかもしれません。

 

DSC_1102

アケボノハゼなんてレアなキャラを友達が教えてくれたんだけど、凄いのがその水深。(企業秘密(笑))深場の苦手なクニでも安心な優しい水深にいるアケボノハゼ。エダムチヤギ抜き。ちょっと昔頑張ったネオン撮りに似ているような・・・・

DSC_1025

アクアストーリー発見のジョーフィッシュ。この子は最近面が割れてきたけど、別の場所にもいるみたいね~。めちゃ見やすい場所にいるからこの夏はいなくならないでね!

群れ

ラニーニャ?っていう現象なのか高水温が続く宮古島。

 

透明度もあまり上がらず、栄養豊富な感じの海の色をしているんだけど、そのせいなのか?今年は魚影が異常に濃い気が・・・・・

砂地の根でもないのにスカシテンジクダイの群れが

DSC_0568星空の様だ~

普段そこまで群れないツムブリが、1,2,3・・・・・2,000匹は群れている。DSC_0617
そして、いよいよ白化してきたイソギンチャク・・・フォト派にはたまらない瀕死の美が今年は見れるかもしれないです。