月別アーカイブ: 2016年8月

頑固なガイド

20160729-DSC_6422

台風の影響なのか、高気圧がどっかいったのか。
8月は半分が北風が吹き夏に行けない魔王の宮殿にもいけちゃったり・・・・

ゲストとしては嬉しい誤算???

しかしマクロはきつい。
基本伊良部島の方がマクロが豊富なのだけど(フリソデエビやオリヅルエビなどもいるし)
下地島はマクロが少ない。頼みの綱のウミウシも高水温でいぼウミウシがレア化している。

ゲストに

「マクロは何がいますか!?」

って聞かれることが多いんだけど、正直に

「わかりません」

と答える。

だがしかし、これはガイドを放棄しているわけではなく、行った先々の普通種を綺麗に撮ってもらう努力はしている。
レアものがいなくても潜って撮って楽しいダイビングを心掛けている。

だから、何がいるかと聞かれても答えにくい。

頑固なオヤジの小料理屋にメニューが無いのはもしかしたら僕と同じ理由かもしれない。

20160822-DSC_7724

何も目玉がない時は、普通種をじっくりとりましょう~

20160817-DSC_7638

レアものがいたときはラッキー!!(オリヅルエビの緑バージョン)

これは自然の摂理の一部なのか

ここ最近は下地島で潜っています。

8月なのに・・・・

夏潜らないポイントなので、光の入り具合がちょっと違ってびっくりすることも。

20160724-DSC_6222

冬じゃ見れない美しです。

8月というのに北風が吹く・・・・・

そして高水温で珊瑚が白くなる・・・

がしかしその瀕死の美しさと言ったら・・・・

高水温は仕方がない、ここは今しか見れないその光景を記録しましょ。

20160807-DSC_7017
タマイタダキイソギンチャクは先端が紫になるものと、ピンクになるもの、真っ白なものがあります。
ピンクは結構レアです。

20160808-DSC_7074

 

こちらは真っ白タイプ。1cm程の子供が可愛いけど、まあ、全然出てこないのよねぇ。

 

20160808-DSC_7040

コモンサンゴ系の珊瑚は瀕死の状態だと、ポリプが黄色やピンクになり、それは美しい。

20160804-DSC_6721

こちらは黄色くなってしまったタイプ。カンザシヤドカリは5mmほどの子供です。白化しても生きていけるのかなぁ。心配。

20160803-DSC_6662

フォトジェニックな子も。

かまくらの中にいるみたいでとってもかわいい。でも、珊瑚は瀕死状態。

何とも複雑です。

しかし現実をただ嘆いている、悲観したりしていても仕方がないです。前向きにとらえていかなくては!!

フォト派のゲストの皆さん、この美しくはかない状態、しっかり撮りに来てください。